メドウフォーム-δ-ラクトン配合シャンプーって?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

メドウフォーム-δ-ラクトン、え、何それという方が多いと思われますが、美容の業界では意外と広く知られるところとなっている成分です。メドウフォームとは北アメリカを中心に生息するお花で、メドウフォーム-δ-ラクトンとは、このお花から取れた種子油をさらに抽出したラクトン誘導体を指します。髪がパサついてしまう原因は皆さんもご存知の通り、髪のキューティクルがダメージを負ってしまう点にあります。ダメージを受けてしまうと髪が本来持っている水を引くという性質が損なわれてしまい、その結果頭髪の手触りも悪くなってしまうことが分かっています。また、キューティクルがダメージを負うことによって髪が弱々しくなってしまい、ハリやコシといった綺麗な髪に必要不可欠な力がどんどん失われてしまいます。メドウフォーム-δ-ラクトンは、このダメージを回復させる働きが期待できる成分であり、そのため近年注目されているのです。

メドウフォーム-δ-ラクトンは、加熱することによって毛髪ケラチンのアミノ基と結合することになります。結合をすると毛髪の疎水性環境が強化されるというメカニズムにより、よってメドウフォーム-δ-ラクトンには綺麗な髪に変えるために効果が期待できるというわけです。シャンプー以外にも美容オイルなどにも配合されることがある成分で、美容の救世主のような役割を担っていると言えます。